トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 法曹特別演習A
   Special Seminar for Judicial Examination A
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 山本 健人(助教)
グレード G4
テーマ 法曹志望者のための憲法
キーワード 憲法訴訟,違憲審査
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  この演習は、法科大学院に進学し法曹を目指す受講生を念頭おき、憲法判例・学説を十分に理解し、各種試験に対応できる能力を身につけることを目的としています。法曹特別演習Aはとくに憲法(公法)分野を中心に検討します。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連)  法的素養を身につけ、論理的に思考できる能力を獲得し、法的問題を解決する法律専門職として必要な知識と手法を学ぶ科目です。
 また、大学院進学などの進路を意識した授業内容とします。
学修の到達目標  憲法の重要判例及び重要論点について、その内容と論点を的確に指摘し、かつ、それらについて文章としてまとめることができるようになることを目標とします。
授業の方法  本演習の前半では課題となっている文献の該当箇所を全員が読んでくることを前提に、報告担当者に報告してもらい、その報告をもとに全員で内容について議論し理解を深めます。
 本演習の後半では、担当教員の出題した事例問題について全員が答案を作成した上で、報告担当者には作成したレジュメ(答案)を使って報告してもらい、その報告に基づき、全員で事例問題に関する質疑応答・討論を行います。
授業外の学修(予習・復習等)  毎回、報告または発言を求めますので、受講生が、事前の予習として課題文献の該当箇所を読んでくること、答案を作成してくることを前提とします。加えて、関連する文献に目を通してくることを望みます。
テキスト・参考書 テキスト
・小山剛『憲法上の権利の作法〔第3版〕』(尚学者、2016年)
・横大道聡編『憲法判例の射程』(弘文堂、2017年)

参考書
・長谷部恭男ほか編『憲法判例百選〔第6版〕』(有斐閣、2013年)
・大沢秀介、大林啓吾編『憲法事例演習』(成文堂、2017年)
・木下昌彦ほか編『精読憲法判例[人権偏]』(弘文堂、2018年)
成績評価の基準・方法  ①授業への参加状況及び発言内容(50%)、②報告内容及び作成された答案の内容(50%)などによって、総合的に評価する。
この科目の履修にあたって  討論に積極的に参加する意欲がある学生に参加してもらいたいと思います。ハードな内容ですが、それに応じた能力が身につきます。1回の授業のために少なくとも3時間以上の予習・復習を望みます。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 授業ガイダンス

演習の進め方について説明します。

第2回 報告と討論①

作法&射程① 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第3回 報告と討論②

作法&射程② 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第4回 報告と討論③

作法&射程③ 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第5回 報告と討論④

作法&射程④ 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第6回 報告と討論⑤

作法&射程⑤ 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第7回 報告と討論⑥

作法&射程⑥ 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第8回 報告と討論⑦

作法&射程⑦ 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第9回 報告と討論⑧

作法&射程⑧ 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第10回 事例問題演習①

事例問題① 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第11回 事例問題演習②

事例問題② 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第12回 事例問題演習③

事例問題③ 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第13回 事例問題演習④

事例問題④ 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第14回 事例問題⑤

事例問題⑤ 参加者が決定してから具体的な内容を決めます。

第15回 全体のまとめ

演習のまとめを行います。