トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢB
   Seminar ⅢB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 林 一弘(客員教授)
グレード G4
テーマ 身近な法律相談
キーワード 事実関係の把握と整理,法的構成,論理的思考,社会的妥当性,表現力,説得力
開講年度
2018
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 いくつかの具体的な法律相談案件を検討していく。不法行為法および家族法の分野から身近な法律相談を予定している。
法律相談は,事例課題のようにあらかじめ必要な事実が全て整理されて提示されているとは限らない。したがって,不足している事実を見つけ出し,関連事情も把握していく作業が必要となる。そのうえで,事実を分析整理し,法を適用して適切な回答を行うことをを目的とする。相談内容によっては,事実や法の解釈が分かれ,それによって結論が異なるケースもあると思われ,それぞれの立場から議論することも必要である。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) 紛争の解決は,事実の正確な分析から始まる。自分で事実を整理し,必要な事実を問い質し,不要な事実と必要な事実を整理したうえで,法の適用,解決への道筋をつけていく。結論もさることながら,論理的な思考を重視する。また,法律相談であることから,実務的要素も必要であり,その意味で実践的なレベルの高い話になっていくこともある。
民法の基礎的知識は,当然必要である。さらに,相談に乗る以上は,相談者の立場を理解し,回答をする際には,表現力,説得力も必要であり,それらの力も身に付けていただきたい。
学修の到達目標 実社会では,演習問題のように事実関係が整理されて提示されるような問題状況に直面することはまずない。事実は錯綜し,不明な部分もあって,それらを整理していく能力が求められる。そのうえで,どのように解決すれば社会的に妥当であるか,合理性があるかを模索していくことになる。
そのためには,幅広い教養を身に付けることはもちろんであるが,当演習においては,大いに議論に参加し,他者の意見を理解し,自己表現を繰り返すことが必要であり,法解釈を通じて柔軟な思考と健全なバランス感覚を取得することを目標とする。
授業の方法 第1回の授業において,法律相談内容を配付する。なお,法律相談の内容は,事実が十分に語られていないことから,受講生は,不足している事実を探り出していかなければならない。私が相談をする「依頼者」になるので,私に対し,大切だと思う事実を聞き出してほしい。そのうえで,明らかになった事実を前提に,法律上の回答をしていただく。受講生諸君は,相談内容を十分に吟味し,適宜活発な質問や議論を行うことを期待する。
授業外の学修(予習・復習等) 第1回の演習で配付する相談内容に予め目を通し,どのような法律相談であるか,不足している事実(聞き出したい事実)は何か,具体的な事実がケースによって異なることもありうるから,事実関係が変わった場合,相談に対する回答もどのようになっていくか等を予想したうえで演習に臨んでほしい。
毎回の演習後には,自分なりに当日の相談に基づき,事実関係とともに法的な論点を整理されたい。現実に,相談の回答を声に出して行ってみることをお勧めする。その際,うまく説明ができなかったり,行き詰まってしまった場合は,まだ理解が十分でないことが実感できるので,学修には非常に役立つ。その中で,新たな疑問が出てきた場合は,演習において適宜質問していただきたい。
テキスト・参考書 テキストは使用しないが,必要な資料は,適宜配付する。なお,民法判例百選3 親族・相続(有斐閣)が参考となる。
成績評価の基準・方法 授業における積極的姿勢,発表,質疑応答内容(30%)及び期末に提出していただくレポートの内容(70%)によって総合評価する。評価はレポートに重点を置くので,仮に受講態度が良好であったとしても,レポートの提出がなければ単位を与えることはできないので注意されたい。
この科目の履修にあたって 例えば,「君の考えはどうか?」と問われたときに「わかりません」と安易に答えるのは思考の放棄にほかならない。自分なりの理屈を披露して考えを述べるべきである。もし,解らない部分があったなら,どういう理由で解らないかを明らかにすべきである。仮に考えが間違っていたとしても,決して恥じることはない。裁判所の判断も上訴によって覆ることがあり,最高裁の判断でさえ,社会や価値観の変化によって変更されうるのである。今日の少数説は,明日の多数説になることもありうるので,自信をもって自分の意見を披露してほしい。
特に法律相談の場合,円満解決を心がけた回答が必要となる場合があるが,対立当事者の利害調整能力も求められことも意識してほしい。
せっかく授業料を払って本学の学生になっているのであるから,いわゆる「割り勘負け」をしないためにも,当演習はもちろんのこと,他の授業や講義を存分に役立ててほしい。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 演習ⅢB開始にあたって

秋学期の授業の概要を説明し,秋学期に行う法律相談内容を書面にして配付する。

第2回 法律相談1

不法行為(その1)交通事故について考える

第3回 法律相談2

不法行為(その2)工作物責任について考える

第4回 法律相談3

不法行為(その3)正当防衛・緊急避難について考える

第5回 法律相談4

婚約の成否について考える

第6回 法律相談5

内縁について考える

第7回 法律相談6

夫婦の財産関係について考える

第8回 法律相談7

離婚について考える

第9回 法律相談8

相続をめぐる問題について考える(その1)

第10回 法律相談9

相続をめぐる問題について考える(その2)

第11回 法律相談10

遺言について考える

第12回 法律相談11

遺留分について考える

第13回 秋学期の補足 レポート課題の提示

秋学期の法律相談の説明補足,秋学期レポート出題及び作成,提出要領の説明等

第14回 レポート提出 家事事件の特色

家事事件における実務の話 秋学期レポート提出 

第15回 秋学期のまとめ

秋学期の総括,これから社会に出るにあたっての話