トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡB
   Seminar ⅡB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 櫻井 利江(教授)
グレード G3
テーマ 法的思考を学ぶ
キーワード 文献検索,情報の整理,レジュメの作成,論理的思考,レポートの作成,口頭発表
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要 演習では報告や国際紛争に関する討論を進めている過程で,国際社会についての理解をはかり,口頭発表および討論の技術を備えるとともに,論理的および法的思考の習得を目指す。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DPとの関連)  リーガルマインド(法的思考力)と経済・経営の知識を併せ持ったバランス感覚で、社会人・職業人として地域貢献することができるとともに、多様な場面で活躍することができる。
 国際社会と法に関する幅広い知識を体系的に習得し、国際社会の仕組み等についての深い理解とリーガルマインドを培うことができる。
 国際社会に関する幅広い教養をもとに、多様な文化的・歴史的背景を持つ国際社会の理解に努め、自立した市民として活動することができる。
学修の到達目標  報告や国際紛争に関する討論を進めている過程で,国際社会についての理解をはかり,口頭発表および討論の技術を備えるとともに,論理的および法的思考の修得を目指す。
授業の方法 ゼミ形式
授業外の学修(予習・復習等)  予習については,各回ごとに予定されたテーマについて,報告担当者はリサーチし,レジュメ,報告用資料を作成する。報告担当者以外のメンバーも事前にテーマに関して参考文献に目を通しておき,議論に積極的に参加できるよう準備する。
テキスト・参考書 開講時に指示する。
成績評価の基準・方法 ゼミへの参加度   30%          
中間および期末レポート   30%  報告したテーマについてまとめる等,適宜レポートの提出を求める。    
その他  レジュメおよびプレゼンテーション(口頭発表) 40%
この科目の履修にあたって ゼミ終了後,テーマに関する議論を整理し,文章で記録するよう心掛ければ,論理的思考能力および小論文作成能力ともに高めることが期待できる。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 オリエンテーション

授業の進め方、履修方法、テキスト、資料等の説明

第2回 学生による報告①

報告、質疑応答、討論等

第3回 学生による報告②

報告、質疑応答、討論等

第4回 学生による報告③

報告、質疑応答、討論等

第5回 学生による報告④

報告、質疑応答、討論等

第6回 学生による報告⑤

報告、質疑応答、討論等

第7回 学生による報告⑥

報告、質疑応答、討論等

第8回 学生による報告⑦

報告、質疑応答、討論等

第9回 学生による報告⑧

報告、質疑応答、討論等

第10回 学生による報告⑨

報告、質疑応答、討論等

第11回 学生による報告⑩

報告、質疑応答、討論等

第12回 学生による報告⑪

報告、質疑応答、討論等

第13回 学生による報告⑫

報告、質疑応答、討論等

第14回 学生による報告⑬

報告、質疑応答、討論等

第15回 総括

今学期のまとめ、総評、レポート提出等