トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡB
   Seminar ⅡB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 山本 健人(助教)
グレード G3
テーマ 憲法問題の現在
キーワード 憲法学,日本国憲法,憲法判例,憲法理論
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要  本演習の目的は、①重要な憲法問題について理解を深めること、②憲法に関係する最新の問題・議論を把握すること、③憲法問題に対して自分自身の意見を説得的に主張できるようになること、です。
 憲法に関する重要な争点・論点については、古典的なものだけでなく、同性婚・ヘイトスピーチ・インターネット・AI・テロリズムに関わるものなど最近になって提起されているものも数多くあります。本演習では、履修者の関心に基づきつつ、憲法の争点を考えていきます。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DPとの関連)  本演習では、古典的なものから、現在・未来に関するものまで、様々な憲法問題について、深く探求していきます。
 したがって、本演習を履修することは、「自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、〔憲〕法と政治に関する基本的専門知識を体系的理解」することにつながります。また、「個人から国家に至るまで当事者の間で発生する諸課題を理解し、法的知識・技能を基にして、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力」を養うことができます。なお、上記学習を報告と討議を中心として行うため、「論理的な思考力と豊かな表現力」を身に着けることとも関係します。
 本演習は、とりわけ、法律専門職コース、公務員コースを選択する学生を意識しています。また、法科大学院への進学を考えている学生や公務員を目指している学生にとっても有意義なものとしたいと思います。
学修の到達目標 本演習の到達目標は、以下の4点です。
1.憲法問題に対する理解を深めること
2.最新の憲法問題を認識する問題発見能力を身に着けること
3.最新の憲法問題に対する解決策を導く思考力を鍛えること
4.自分自身の意見を説得的に発信する能力、報告に対して質問する能力、質問に応答する能力、を養うこと
授業の方法  初回の授業時に、報告課題と順番を決定します。報告担当者からの報告の後、全体で質疑応答を行 います。また、必要に応じて担当教員が論点の補足・整理等を行います。
 また、報告後、質疑応答の結果等を反映させ、アップデートしたものをレポートとして提出してもらいます。
授業外の学修(予習・復習等)  報告担当者は、報告用のレジュメを作成してください。報告担当者以外の方は、報告課題について予習をしてください。また、報告課題に関係する憲法上の論点について、「憲法概論」、「憲法学I」、「憲法学II」、「憲法学Ⅲ」で指定されていたテキストやレジュメなどを用いて予習を行なってください
 なお、「憲法学I」及び「憲法学II」、「憲法学Ⅲ」の講義について履修していない場合は並行して履修することを推奨します。
テキスト・参考書 テキストは指定しません。
参考書については適宜指定します。
成績評価の基準・方法 ①報告の内容(40%)、②レポート(30%)、③質疑応答への積極的な参加状況(30%)によって評価します。
この科目の履修にあたって 憲法問題は、最近のホットな話題から、歴史的なものまで、幅広く存在します。講義などでは十分に深めることが出来ないものも多々ありますので、本演習を通して、自分自身が関心を抱いた憲法問題について、深く探求していきましょう!
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

演習の進め方について

第2回 模擬報告

授業担当者による模擬報告を行う

第3回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第4回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第5回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第6回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第7回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第8回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第9回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第10回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第11回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第12回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第13回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第14回 報告と質疑

受講生による報告と質疑

第15回 まとめ

まとめ