トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠB
   Seminar ⅠB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 石川 英樹(客員准教授)
グレード G2
テーマ 警察と法
キーワード 警察の基本的な法知識を習得する,治安の任にあたる警察の現状を知る,治安再生に向けた警察の現状を知る,日本の警察制度と交番制度を知る
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 国家存立の基盤の一つである治安維持を担う警察について、「警察とはどのような組織なのか、現状はどうなのか、その任務はなんなのか、警察官の身分の保証はどうなっているのか」「社会情勢、国民の意識の変化や要請にどう対応しているのか」など警察の実際と治安再生に向けた改革状況等について基本的な知識を認識し、治安の現状、警察のあるべき姿について研究をする。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) ・ テレビなどの映像や私生活を送る中で脳裏に焼き付いている治安維持のために活 躍する専門的職業への「憧れ」から具体的な職業として選択する動機付けとする。
・ 社会の基盤を支え、治安を担う専門的職業としての警察について、警察の基本的 な役割や現状について法的な知識を習得する。
学修の到達目標 ・ 公務員の仕事は社会全体への奉仕の道である。全体の奉仕者として社会に貢献  し、治安にあたる職業を研究する。
・ そのための基本的知識を習得し、「法とその職務にある者としてあるべき姿」に 基づいて真直ぐに歩んでいけるように「判断基準」と「行動原理」を習得できる。
 
授業の方法 ・ 授業ごとにテーマを設定し、学生間でグループ討議し、自ら考え、発信できる  表現力、相手の意見を聞く傾聴力と理解力・柔軟性などのコミュニケーション能力 の向上を目指す。その討議結果に講評を加え、学生から最終的なコメント、レポー トを提出する。授業の総括として期末レポートを作成提出する。
・ コメントシートでの質問には次回授業で回答し理解を深める。
・ ITCは原則として活用しないが、必要に応じて活用する。
授業外の学修(予習・復習等) ・ 治安の現状に関する最新の時事について常に関心を示し、警察との関連を考え  テーマとすること。
・ 討議の結果を自身で資料として記録し、事後の復習資料とすること。
テキスト・参考書 ・ 六法全書
・ 関連する関連規則等についてはその都度紹介する。
・ その都度関連する時事報道に関する資料を提供する。
成績評価の基準・方法 ・ 授業への取組姿勢を重視する。
 ①  コメントシート60%
 ②  授業態度や授業への積極的な取組を示すレポート20%
 ③  期末レポート20% 
この科目の履修にあたって ・ 治安を担う職業を志望するにあたって憧れと不安が交錯している学生諸君、公 務員の道は奉仕の道である。時には怖がられ、疎まれ、そして時々感謝され、そ の行動には国民の様々な声が聞こえます。
・ しかし警察官として36年間勤務した私が確信しているのは、多くの国民が  「声の小さい多数派」であり、治安の任にあたる者を信頼し、応援していること です。その人達のたった一つの命と財産、安全・安心を守る仕事に「誇りと使命 感」を持って最後まで駆け抜ける志を抱く君たちの「夢を支え」、君たちが「現 実」にアタックしゴールしてくれることを願って止みません。
・ 「人の悲しみを自分の悲しみ」と感じ、「人の喜びを自分の喜び」と受け止  め、被害に苦しみ困り果てている人に正面から向き合い、手を差し伸べ、人の役 に立つ仕事にやりがいを感じる君達と共に学んでいきたいと思います。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス、授業方針などの説明

秋学期の授業方針の説明を行い、発表グループを再編成、受講生の意思統一を構築する。授業計画は必要性、受講生の希望等により変更することがある。担当教員が次回の発表テーマを提示する。

第2回 発表と討論(1)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第3回 発表と討論(2)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第4回 発表と討論(3)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第5回 発表と討論(4)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第6回 発表と討論(5)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第7回 発表と討論(6)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第8回 中間総括

前半の総括を実施し、後半の演習に反映する。

第9回 発表と討論(7)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第10回 発表と討論(8)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第11回 発表と討論(9)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第12回 発表と討論(10)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第13回 発表と討論(11)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第14回 発表と討論(12)

発表グループが担当教員が提示したテーマ調査研究してレジュメを作成して発表後、全員で討論。最後に担当教員が講評。

第15回 最終総括

1年を振り返り分析を行う。