トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠB
   Seminar ⅠB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 山本 健人(助教)
グレード G2
テーマ 憲法判例の読解
キーワード 憲法学,日本国憲法,憲法訴訟,憲法判例,裁判所
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要  本演習の目的は、①判例の調べ方・読み方の基本的技能を習得すること、②判例が展開する憲法論を理解する能力を養うこと、です。
 講義科目では、データーベースや図書館を用いて自分自身で判例や判例を解説する文献を調べて、判決文そのものを読むことは少ないと思います。本演習では、判例を自分で調べる方法について担当教員がレクチャーした後、憲法問題を扱っている判例を素材に判例読解を行います。
 なお、扱う判例については履修者の関心に合わせて相談し決定します。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DPとの関連)  本演習では、「憲法概論」、「憲法学Ⅰ」、「憲法学Ⅱ」などで言及される憲法判例に焦点をあててより深く学習します。そうすることで、抽象的な文言で規定されている憲法(日本国憲法)が、現実に、どのように解釈されているか、具体的問題の解決に際してどのように用いられており、どのような役割を果たしているのかを、より深く理解することを目指します。
 したがって、本演習を履修することは、「自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、〔憲〕法と政治に関する基本的専門知識を体系的理解」することにつながります。また、「個人から国家に至るまで当事者の間で発生する諸課題を理解し、法的知識・技能を基にして、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力」を養うことができます。なお、上記学習を報告と討議を中心として行うため、「論理的な思考力と豊かな表現力」を身に着けることとも関係します。
 本演習は、とりわけ、法律専門職コース、公務員コースを選択する学生を意識していますが、憲法が一般教養としても重要な意義を持っていることから、現代社会キャリアコース、国際関係コースを選択する学生にとっても意義あるものと考えます。
学修の到達目標 本演習の到達目標は以下の4点です。
1. 日本の判例について自分自身で調べることができるようになること
2. 判例を読む際の基本的な技術を身につけること
3. 憲法訴訟の特徴を理解し、訴訟における憲法の役割を説明できるようになること
4. 判例や判例解説(評釈)といった法的素材を基に、報告する(表現力・発信力)能力、及び報告の趣旨や目的を理解し質疑応答へ参加する(質問力)能力を伸ばすこと
授業の方法  初回の授業時に、報告判例と順番を決定します。履修者の人数によってはグループで報告をしてもらうことになります。
 報告担当者からの報告の後、全体で質疑応答を行います。また、必要に応じて担当教員が論点の解説・補足・整理等を行います。
 なお、報告の方法については担当教員が最初に模擬報告を行います。
授業外の学修(予習・復習等)  報告担当者は、報告用のレジュメを作成してください。報告担当者以外の方は、テキストの該当箇所について目を通しておいてください。また、該当判例で扱われている憲法上の論点について、「憲法概論」、「憲法学I」、「憲法学II」で指定されていたテキストやレジュメなどを用いて予習を行なってください
 また、「憲法学I」及び「憲法学II」の講義については並行して履修することを推奨します。
テキスト・参考書 テキスト:上田健介・尾形健・片桐直人『憲法判例50!』(有斐閣、2016年)
参考書については適宜指示します。
成績評価の基準・方法 ①報告の内容(60%)、②質疑応答への積極的な参加状況(40%)によって評価します。
この科目の履修にあたって 判例で扱われる憲法問題を理解する際には、訴訟に至った当事者の置かれた状況をどれだけ想像できるかも、一つのポイントになります。憲法判例を通して、自身の世界観を広げてみましょう!
事案を正確に理解し、判決文を味読し、その妥当性を考えることで、これまでの自分自身の考え方が劇的に変わる瞬間が訪れるかもしれませんよ。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

演習の進め方など

第2回 模擬報告

担当教員による模擬報告

第3回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第4回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第5回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第6回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第7回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第8回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第9回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第10回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第11回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第12回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第13回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第14回 報告とディスカッション

受講生の報告とディスカッション

第15回 まとめ

全体のまとめ