トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠA
   Seminar ⅠA in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 山本 健人(助教)
グレード G2
テーマ 憲法学の世界へ
キーワード 憲法学,日本国憲法,憲法用語,憲法的視点
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要  本演習の目的は、①重要な憲法用語を正確に理解すること、②憲法問題が身近にも存在することを知るとともに、憲法的に考える能力を身につけること、です。
 憲法は、その性質上、抽象的に規定されているため、憲法に基づいて自分自身の考えを持つためには、条文には明記されていない様々な基礎概念の理解する必要があります。たとえば、立憲主義、民主主義、権力分立、法の支配、主権、人権、違憲審査制など、何となく知っているけれど、説明することが難しい言葉が溢れています。本演習では、まず、こうした憲法用語について理解を深めていきます。
 次に、映画やドラマの鑑賞を通して、憲法問題が私たちの日常生活の様々な場面に関わっていること、各種問題に対してどのような解決を図ることができるのかを考えていきます。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連)  本演習では、「憲法概論」、「憲法Ⅰ」、「憲法Ⅱ」などで言及される憲法用語それ自体に焦点をあててより深く学習します。そうすることで、国家の最高法規として位置付けられる憲法という法規範の特徴、性質をよりよく理解することができるでしょう。また、憲法問題は講義の中で、あるいは机上でのみ発生するわけではなく、現実社会の中で起こっていることを確認します。
 したがって、本演習を履修することは、「自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、〔憲〕法と政治に関する基本的専門知識を体系的理解」することにつながります。また、「個人から国家に至るまで当事者の間で発生する諸課題を理解」する能力を養うことができます。なお、上記学習を報告と討議を中心として行うため、「論理的な思考力と豊かな表現力」を身に着けることとも関係します。
 本演習は、とりわけ、法律専門職コース、公務員コースを選択する学生を意識していますが、憲法が一般教養としても重要な意義を持っていることから、現代社会キャリアコース、国際関係コースを選択する学生にとっても意義あるものと考えます。
学修の到達目標 本演習の到達目標は以下の4点です。
1. 憲法学で用いられる重要な憲法用語について正確に理解し、説明することができるようになること
2. 具体的な憲法問題が、日常生活の様々な場面で発生し得ることを認識する、問題発見能力を身につけること
3. 憲法的視点から具体的な問題を考えることができるようになること
4. 課題について報告する(表現力・発信力)能力、及び報告の趣旨や目的を理解し質疑応答へ参加する(質問力)能力を伸ばすこと
授業の方法  初回の授業時に、報告課題と順番を決定します。履修者の人数によってはグループで報告をしてもらうことになります。
 報告担当者からの報告の後、全体で質疑応答を行います。また、必要に応じて担当教員が論点の補足・整理等を行います。
 なお、報告の方法については担当教員が最初に模擬報告を行います。
 また、映像を用いて演習を行うことがあります。その際にはレポートを提出してもらいます。
授業外の学修(予習・復習等)  報告担当者は、報告課題について報告するためのレジュメを作成してください。報告担当者以外の方は、報告課題について予習をしてください。
 上記、本演習に関する予習以外にも、ニュースなどで伝えられる事件や問題を憲法的に考えてみるようにしてください。
 また、「憲法学I」及び「憲法学II」の講義については並行して履修することを推奨します。
テキスト・参考書  テキストについては指定しない。
 参考書については適宜指示します。
成績評価の基準・方法 ①報告の内容(40%)、②レポート(30%)、③質疑応答への積極的な参加状況(30%)によって評価します。
この科目の履修にあたって 憲法問題は奥が深く、複雑ですが、一つ一つ論点を整理して、理解を深めていけば、納得できる答えに辿り着くことができます。
国家の骨格を定め、時には人の人生を左右する「憲法学の世界へ」ぜひ足を踏み入れてみてください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

演習の進め方など

第2回 模擬報告・ディスカッション①

担当教員による模擬報告など

第3回 報告・ディスカッション②

受講生による報告とディスカッション

第4回 報告・ディスカッション③

受講生による報告とディスカッション

第5回 報告・ディスカッション④

受講生による報告とディスカッション

第6回 報告・ディスカッション⑤

受講生による報告とディスカッション

第7回 報告・ディスカッション⑥

受講生による報告とディスカッション

第8回 報告・ディスカッション⑦

受講生による報告とディスカッション

第9回 報告・ディスカッション⑧

受講生による報告とディスカッション

第10回 報告・ディスカッション⑨

受講生による報告とディスカッション

第11回 報告・ディスカッション⑩

受講生による報告とディスカッション

第12回 報告・ディスカッション⑪

受講生による報告とディスカッション

第13回 報告・ディスカッション⑫

受講生による報告とディスカッション

第14回 報告・ディスカッション⑬

受講生による報告とディスカッション

第15回 全体のまとめ

全体のまとめ