トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 政治過程論Ⅱ
   The Theory of Political Process Ⅱ
授業科目区分
法学部専門教育科目・政治学系
担当者 形野 清貴(教授)
グレード G2
テーマ 現代日本の政治過程
キーワード 一党優位政党制,二大政党制,政党と利益集団の関係,政治家と官僚の関係,利益政治と族議員,小選挙区比例代表並立制,政策ネットワークと下位政府
開講年度
2015
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生),(経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生),(経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生)
4年生 (法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生),(経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生)

授業の概要 政治過程とは、政党や利益集団、政治家や官僚などの政治的諸アクターによって展開される政治の動態である。本講義では、戦後日本政治の歴史的展開を踏まえて、政党政治の変遷、政党と利益団体との関係、政策決定における政治家と官僚の関係など、現代日本の政治過程の特質について口述するとともに、今日の日本政治の直面する諸課題についても考えてみたい。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ・レベルなど 本科目は、国際関係コースの基本科目(選択必須)の一つである。また、現代日本政治を理解するうえで必要な科目(G3)でもある。コース選択にかかわらず、日本政治に興味・関心のある学生諸君の受講を勧めたい。
授業の到達目標 わが国における政党政治の変遷、政党と利益集団の関係、政策決定における政治家と官僚の関係など、現代日本の政治過程の特質について概ね説明できるようになることを目指す。
授業の方法 教科書に代わって、講義の内容を示すレジュメを単元ごとに配布する。重要事項は板書するようにするので、講義を聞きながら各自でノートを取ってもらいたい。
ICTの活用 予定なし
授業外の学修 講義用レジュメの内容が理解できたかどうかを復習で確認すること。
テキスト・参考書 テキストは使用せず、必要な参考文献はその都度紹介する。
成績評価の基準・方法 成績評価は基本的に期末試験(論述式)によって行うが、それを補足するものとして、授業への積極的参加状況も考慮に入れる。
履修上の注意事項や修学上の助言など 本科目の履修に当たっては、政治過程論Ⅰを履修していることが望ましい。また、本科目の受講とともに、政治学・行政学・国際政治学分野の他の科目を履修することを勧める。
教員の研究・人物紹介 現在、現代国家と民主主義の問題をテーマに研究している。また、A・グラムシのヘゲモニー論にも関心をもっている。趣味は囲碁。
オフィスアワー 木曜日 11:00~12:00 花岡コモンズ(花岡キャンパス図書館2階)
授業の質問、レポートの作成支援、大学院進学(政治学系)


第1回 はじめに

講義ガイダンスと授業計画についての説明

第2回 戦後政治の展開過程

戦後日本政治の展開を、いくつかの時期に区分して概観する。

第3回 政治過程の変容と分析枠組み(1)

戦後日本の政治過程の変容を、政党システム、利益集団配置、政治的争点・政策、政策決定を主導するアクターという、各レベルからとらえる。

第4回 政治過程の変容と分析枠組み(2)

現代日本の政治過程の分析枠組みとして、官僚支配モデル、「政・財・官の三角同盟」モデル、多元主義モデル、コーポラティズム・モデルについて、説明する。

第5回 保守政治の政治過程(1)

戦後の長期にわたる自民党支配体制について、一党優位体制の成立の条件とその結果として形成されたわが国の支配構造の特徴を明らかにする。

第6回 保守政治の政治過程(2)

派閥連合政党としての自民党の性格、および長期政権の下で出現した「族政治」と政策決定過程の多元化について説明する。

第7回 選挙と投票行動(1)

わが国の衆議院と参議院の選挙制度を概観し、その問題点について考える

第8回 選挙と投票行動(2)

わが国における投票行動の特徴を、政党志向、候補者志向、政策争点志向の三要因から説明する。

第9回 国会と内閣(1)

わが国の議院内閣制の特徴を比較の視座から説明する。

第10回 国会と内閣(2)

国会の立法能力をめぐる諸議論を紹介し、国会の在り方について考える

第11回 官僚制と「下位政府」(1)

わが国における官僚優位の伝統とその変容について説明する。

第12回 官僚制と「下位政府」(2)

我が国における「政策ネットワーク」と「下位政府」の問題について考える。

第13回 「政治改革」と「政界再編」

「政治改革」の名の下での選挙制度改革とそれに連動した「政界再編」の動向を概観し、現在のわが国の政治状況について考える。

第14回 戦後政治の終焉と「構造改革」

「構造改革」の名の下で進められてきた「小泉政治」をはじめとする近年の政治動向を概観し、現在のわが国の政治状況について考える。

第15回 おわりに

講義のまとめと期末試験についての説明