トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 政治過程論Ⅰ
   The Theory of Political Process Ⅰ
授業科目区分
法学部専門教育科目・政治学系
担当者 形野 清貴(教授)
グレード G2
テーマ 政治過程の歴史と理論
キーワード 議会主義(代議制),政党政治,圧力政治,行政国家,利益集団,多元的集団理論
開講年度
2015
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (法)学部基本科目,(経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (法)学部基本科目,(経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生)
4年生 (法)学部基本科目,(経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生)

授業の概要 政治過程とは、政党や利益集団、政治家や官僚などの政治的諸アクターによって展開される政治の動態である。本講義では、政党政治の登場と議会政治の変化、利益集団の活動や国家機能の拡大など、現代の政治過程の特質を明らかにするとともに、現代政治の動態を集団理論的にとらえようとする過程論的アプローチと、それをめぐる現代の諸議論について口述する。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ・レベルなど 本科目は法学部専門教育科目の中の基本科目の一つである。現代政治の理解にとって必要な科目(G3)であるので、いずれのコースを選択する場合でも、政治に関心を持ち、政治学を学ぼうと志す学生諸君にはぜひ履修してもらいたい。 
授業の到達目標 近代以降の政治過程の歴史的展開を踏まえて、現代における政治社会と政治過程の特質を理解し、現代行政国家の下での政党政治や圧力政治の特徴について概ね説明できるようになることを目指す。
授業の方法 教科書に代わって、講義の内容を示すレジュメを単元ごとに配布する。重要事項は板書するようにするので、講義を聞きながら各自でノートを取ってもらいたい。
ICTの活用 予定なし
授業外の学修 講義用レジュメの内容が理解できたかどうかを復習で確認すること。
テキスト・参考書 テキストは使用せず、必要な参考文献はその都度紹介する。
成績評価の基準・方法 成績評価は基本的に期末試験(論述式)によって行うが、それを補足するものとして、授業への積極的参加状況も考慮に入れる。
履修上の注意事項や修学上の助言など 本科目の受講とともに、政治学・行政学分野のその他の科目を履修することを勧める。
教員の研究・人物紹介 現在、現代国家と民主主義の問題をテーマに研究している。また、A・グラムシのヘゲモニー論にも関心をもっている。趣味は囲碁。
オフィスアワー 木曜日 14:40~15:40 八尾駅前キャンパス4階 相談ラウンジ
大学院進学(政治学系)、レポート作成支援、政治学の基礎



第1回 はじめに

講義ガイダンスと政治過程概念についての説明

第2回 政治社会の変容と政治過程

近代から現代にかけて政治社会と政治過程がいかに変容を遂げたかについて概説し、過程論的アプローチの登場について述べる。

第3回 立憲主義と議会主義

近代以降の政治の基本的な制度原理である立憲主義の特徴と、それが権力分立制や議会制として制度化された思想的・歴史的背景について述べる。

第4回 政党の発達と政党政治の展開(1)

初期の名望家政党が選挙権の拡大とともに大衆政党へと発達を遂げた経緯と、政党政治の台頭が議会政治に及ぼした影響について述べる。

第5回 政党の発達と政党政治の展開(2)

現代議会制における政党の地位と役割、および政党システムの諸類型について説明する。

第6回 議会政治の構造変化と圧力政治(1)

大衆民主政の出現に伴って、議会政治の構造がどのように変化したのかについて述べる。

第7回 議会政治の構造変化と圧力政治(2)

利益集団による圧力政治の登場によって、議会政治の構造がどのように変化したのかについて述べる。

第8回 行政国家と官僚制(1)

国家介入の全面化に伴って出現することになった現代行政国家の特色について述べる。

第9回 行政国家と官僚制(2)

現代行政国家において行政部を担う官僚制の歴史的展開とその特徴について述べる。

第10回 集団理論的政治過程論の展開(1)

過程論的アプローチを切り開いたA・F・ベントリーの政治理論を紹介するとともに、集団理論的政治過程論の特徴について述べる。 

第11回 集団理論的政治過程論の展開(2)

ベントリー以降のアメリカ政治学における政治的諸集団の実証研究の進展と、D・B・トルーマンの政治過程論について紹介する。

第12回 政治過程論の現代的展開(1)

集団概念を基軸とした一元的な政治社会認識を特徴とする集団理論的政治過程論の問題点を、均衡論と多元的集団理論という二つの側面から述べる。

第13回 政治過程論の現代的展開(2)

個人と集団というミクロ・レベルの関係視座から多元的集団理論を批判する集合行為論について紹介する。

第14回 政治過程論の現代的展開(3)

国家と集団というマクロ・レベルの関係視座から多元的集団理論を批判するネオ・コーポラティズム論について紹介する。

第15回 おわりに

講義のまとめと期末試験についての説明