トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 刑法各論Ⅰ
   Criminal Law : Specific Offences Ⅰ
授業科目区分
法学部専門教育科目・刑事法系
担当者 佐藤 雅美(教授)
グレード G2
テーマ 個別犯罪の具体的成立要件について考える(その1)。
キーワード 法益 ,個人的法益に対する罪,生命に対する罪,身体に対する罪,自由に対する罪,人格的法益に対する罪,信用・業務に対する罪,財産に対する罪(窃盗罪、強盗罪)
開講年度
2016
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 2年生 (法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生)
3年生 (法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の概要  刑法各論は、刑法典第二編「罪」を主たる対象にして、個別犯罪に固有の具体的成立要件の意義内容を考える科目です。どの犯罪にも共通する一般的成立要件を考える刑法総論とは異なる科目です。
 刑法各論Ⅰでは、保護法益によって「個人的法益に対する罪」「社会的法益に対する罪」「国家的法益に対する罪」と体系化され、区別される具体的犯罪類型のうち、「個人的法益に対する罪」について考えます。
履修条件  特にありません。
科目の位置づけ・レベルなど  法学部専門教育科目の中の基本科目(G2)です。本科目は、刑事訴訟法・少年法・刑事学に先んじて履修することを勧めます。
 なお、本科目の履修が佐藤担当の刑法各論Ⅱを履修するための条件となります。本科目は、同Ⅱの履修と併せて完結します。
授業の到達目標  法が保護する一定の権利・利益を侵害する、生活世界に生起する具体的行為が刑法典各則所定のどの「罪」に該当するのかということを、法が求める成立要件を考慮しながら具体的に考える授業を通じて、法益を侵害する具体的行為・結果と一般的だが厳密な概念から成る法規定との往還に慣れ、法解釈・法的評価ー法的思考を学んでいくことができます。
授業の方法  毎回、予定授業内容に関連するテキストの該当部分を要約したレジュメを作成・配布し、それに即して授業を行います。
 下記記載のテキストは、授業においても利用しますが、予習・復習に際して、自力で内容を読み取るために活用することを希望します。
ICTの活用  特に予定していません。
授業外の学修  教科書をじっくり読む予習・復習を心がけてください。
テキスト・参考書  山口厚『刑法(第3版)』(有斐閣)の該当部分をテキストとして利用します。
 なお、佐藤担当の刑法各論Ⅱ並びに刑法総論Ⅰ及び同Ⅱの授業においても、刑法総論及び同各論を包括している本書をテキストにする予定です。
成績評価の基準・方法  学期末試験の成績(70%)、択一式小テストの受験・課題レポートや授業への取組等(30%)を総合的に判断して、成績評価します。
履修上の注意事項や修学上の助言など  本科目の履修が佐藤担当の刑法各論Ⅱの履修条件です。
教員の研究・人物紹介  刑法解釈論だけでなく、刑罰の意義や刑事司法システムの在り方にも関心を持っています。
 映画鑑賞が趣味です。いつでも質問・相談に応じる用意があります。
オフィスアワー


第1回 開講にあたって 第1章 刑法各論の意義と体系

・授業の進め方と注意事項
・「罪と罰」から「犯罪と刑罰」へ
・刑法各論の意義と体系

第2回 第1部 個人的法益に対する罪 第2章 生命に対する罪(1)

・個人的法益の意義
・生命の保護
・殺人罪

第3回 同 生命に対する罪(2)

・堕胎罪
・遺棄罪

第4回 第3章 身体に対する罪(1)

・暴行罪
・傷害罪

第5回 同 身体に対する罪(2)

・危険運転致死傷罪
・凶器準備集合罪
・過失致死傷罪

第6回 第4章 自由に対する罪(1)

・自由の保護
・脅迫・強要罪
・逮捕・監禁罪

第7回 同 自由の対する罪(2)

・略取・誘拐罪
・性的自由に対する罪
・住居侵入罪

第8回 第5章 人格的法益に対する罪

・秘密に対する罪
・名誉に対する罪

第9回 第6章 信用及び業務に対する罪

・信用毀損罪
・業務妨害罪

第10回 第1回択一式小テスト 第7章 財産に対する罪(1)

・第1章~第6章まで
・財産犯の体系

第11回 同 財産に対する罪(2)

・窃盗罪(1)

第12回 同 財産に対する罪(3)

・窃盗罪(2)

第13回 同 財産に対する罪(4)

・強盗罪(1)

第14回 同 財産に対する罪(5)

・強盗罪(2)

第15回 第2回択一式小テスト まとめ

・窃盗罪~強盗罪
・学期末試験について